抗うつ剤ってどんなお薬?

抗うつ剤という言葉を聞いたことありますか?その中でも有名なのがレメロンです。 - 抗うつ剤ってどんなお薬?

抗うつ剤ってどんなお薬?

jtjyd
抗うつ剤とは聞いたことがあるでしょうか。抗うつ剤はたくさん種類がありますので、1つではありません。例えばレメロン等が最近は効果もあって副作用も少ないために人気で、新しいうつの治療薬として人気があります。

抗うつ剤使用の順番

抗うつ剤はどのような薬でも使用できるというわけではありません。治療には順序があるのです。ですからその順序にしたがって処方されることになります。今のうつ病の治療の一般的な方法は抗うつ剤を使用する際は新規の抗うつ剤から始めることがルールです。新規の抗うつ剤、それはSSRI、SNRI、NaSSAの三つの種類がメインとなります。NaSSAで有名なのがレメロンです。

なぜ新規の抗うつ剤から使用するのか

なぜ新規の抗うつ剤から使用するというルールがあるのか、それは副作用が関係しているのです。実は副作用が新規の場合は少ないのです。薬は安全なものから使う、これはどのような薬でも言えることで、うつの治療薬に限った事ではないのです。病気を治療するために薬を使用したのにも関わらず、副作用の影響でほかの病気になっていたのでは意味がないのです。そのために副作用があまりないものから服用するというのが原則として知られているのです。新規のうつ剤を使用してもあまり効果が現れない、改善されない等の場合にはじめて従来使用されてきたうつ剤が使用されるのです。

新規抗うつ剤はどれがいいのか

新規抗うつ剤といっても本当に種類が色々とありますので1つではありません。どれを使用するのが良いのでしょうか。治療率を見て比べた場合にはどれを使用したとしてもそれほどの大差はありません。そのためにどれを使用したとしてもいいでしょう。よく考えればこれは当然のことかもしれません。なぜならどれかひとつだけあまりにも優れているということであれば、誰もがその薬を使用しますので、ほかの薬は必要ないことになるでしょう。しかしそうではないのです。それぞれの種類にメリットデメリットがあるので、総合的に見てみればどれもそれほど大差はないということになるのです。

副作用等も考慮して

tdjyd
それぞれの薬によって副作用の表れ方なども違いがあります。ですからどのような副作用があるのか、どのような効果があるのか、それをしっかりと把握した上で薬を選ぶのが良いでしょう。

レメロンの特徴

新しい薬として注目されているレメロンですが、強さは新しい薬と比較するとかなり強く、効果も高いと言われています。抗うつ剤の中で新規の種類に入るものの中では、レメロンは一番効果があるといっても良いかもしれません。安全性で見ればほかの薬と比べると劣る点もあるかもしれないのですが、効果だけを見れば高いことがわかります。なぜ安全性では劣ってしまうのか、その理由は眠気や食欲増加等の副作用が強く現れる薬だからでしょう。副作用を上手にコントロールして服用していくことが出来れば、うつに悩んでいる人にとってはとても効果が高い薬と言えるのかもしれません。効果がどれくらい強いか、その強さだけで比較すれば以前から飲まれている従来の三環系の薬の方が強いと言えます。しかしこれらの薬は副作用が強いこともあり、最初から使用することは危険です。新しい抗うつ剤の中で選ぶとすれば効果がしっかりと期待することができるレメロンが選ばれている理由がわかるかもしれません。
レメロンは効果が高い抗うつ剤ですが、抗うつ剤の中でも新薬の種類に分類されます。

新着情報

◆2016/11/30
抗うつ剤ってどんなお薬?の情報を更新しました。
◆2016/11/30
当サイト更新担当者の情報を更新しました。
◆2016/11/30
抗うつ剤を服用すると太るという事実についての情報を更新しました。
◆2016/11/30
抗うつ剤を服用しているときは体重管理に注意しましょうの情報を更新しました。
◆2016/11/30
抗うつ剤の副作用は色々とあるの情報を更新しました。